Shinnyo-en Yuon Temple Complex
真如苑 悠音精舎−真澄寺別院
悠音精舎(ゆうおんしょうじゃ)は、関西本部、大阪精舎につづき、真如苑の関西地区3番目の別院として1993年3月26日(平成5年)に伊藤真聰苑主の導師により落慶法要が行なわれました。
この"悠音"という名前には「はるか二千五百年前に遡り、釈尊のご説法にふれると共にその教えをはるか未来に伝えていきたい」という願いが込めらており、精舎は釈尊がお亡くなりになる前に体を横たえながら最後のご説法されたお姿が形どられています。

棟は3つに別れ、お頭にあたるのは精舎棟とよばれ法要行事を修する場です。お体にあたる事務棟は受付カウンターなどの事務スペースとなっています。おみ足にあたる道場棟は、精進に踏み出す場として会合や修行が行なわれています。

この精舎の敷地面積は甲子園球場の約2倍の面積を有しますが、その約50%が緑で覆われており、松や樫、クヌギなど、さまざまな樹木があります。四季折々に栗やイチゴ、ギンナン、椎茸、柿、ビワが実を稔らせています。また、この周辺は野鳥も多く、敷地内に設置してある100個の巣箱や貯水池などには白鳥や鴨、鷺などがやってきます。自然に囲まれたこの精舎には、大阪、兵庫を中心に京都や奈良、滋賀など幅広いエリアからお参りされていて、西日本の本部としての機能も果たしています。


[ホーム] [アクセス] [真如苑の公式サイト]

(C)Shinnyo-en, 2008. All rights are reserved.